脱毛当日の服装は?腕や足の露出は控えめに!タイツはどう?

脱毛当日の服装は?腕や足の露出は控えめに!タイツはどう?

脱毛のお手入れに行くときには、当日はどんな服装で行けばいいのか、最初は迷うことがあるでしょう。

 

 

いつもどおりのファッションで問題はないのですが、サロンへ入ったらお手入れのために、お洋服を汚さないように専用のラップタオルなどに着替えます。

 

 

当日は、脱ぎ着しやすい服装で

そうしたサロンでのお着替えを想定しますと、すぐに脱いで着替えがしやすい洋服は楽です。

 

 

エステティシャンはお客さんのお着替えを待っているので、あまり長く時間がかかってしまってもいけませんし、着替えをしやすい服装の方があなた自身も楽です。

 

 

 

サロンではひとりひとりのお客さんに、割り当てている時間が決められています。
だからその時間内で、処理を終わらせる必要がありますし、その時間にはお着替えの時間も入っています。

 

 

 

サロンに到着をしてから、脱ぎにくい服装で行ったばっかりに、着替えにばかり時間がかかってしまったら、処理にあてる時間が短くなってしまいますので、サッと着替えられる洋服の方が、本人にとっても得でしょう。

 

 

服の素材にもこだわって、肌を大切に

サロンにムダ毛のお手入れに行く日は、いつもより服の素材にこだわってみましょう。
お手入れをしたあとのお肌の状態は、普段よりもほのかに熱を持っている状態になります。
ですからサロンへ行くと決めたら、その日は素材をチェックして、通気性の良い洋服を選んで着用をするといいでしょう。

 

 

 

ほてりのある素肌なので、通気性が良い素材でしたら、素肌を冷やすことができるので、そのほうが素肌にも優しいです。
ナイロン素材やポリエステルなどの素材をチョイスしてしまいますと、発汗があっても素材的に吸い取ることはできないので、こうした素材はサロンへ行くときには不向きです。

 

 

 

日本は春から秋にかけて気温が上がり、汗をかきやすいシーズンになります。
ですから春から秋の季節の時には、なるべく素材が汗を吸い取ってくれるものであり、涼しいと感じられる洋服を選択するといいでしょう。

 

 

 

サロンへ行くときに選びたい洋服の素材としましては、シルク素材やレーヨン、リネンなどの素材を使っている洋服なんかは良いものです。

 

 

 

ボディの締め付けは厳禁!

基本的にサロンへムダ毛のお手入れに行くときには、できるだけボディを締め付けたりはしない、ゆったりした洋服を選んだほうが良いでしょう。

 

 

見た目にもシルエットには余裕が有って、キュッとボディを締め付けない服です。
処理後は肌がほてりますので、ゆったりしたシルエットの洋服は、肌にとって優しさがあります。

 

 

ボディにフィットするような洋服は、締めつけの力が強いですし、それがお手入れ後の素肌には刺激になってしまいます。
締め付けてしまうことで、皮膚には炎症が起きてしまったり、皮膚にかゆみを生じることさえ有り得るので、素肌を大切にしたいなら、締めつけの強い衣類は控えたほうが良いでしょう。

 

 

 

パーツ的にもデリケートゾーンの処理をする日であれば、下半身を締め付ける洋服はやめておくことです。
ボディの締めつけのクイーンである、ガードルは避けるのが無難です。

 

 

タイツやストッキングも避けましょう

それからタイツやパンティストッキングなども、薄い素材ではありますが、下半身をキュッと締め付けるには違いないので、その日は着用は避けておきましょう。

 

 

紫外線がもっとも強い時期はいつ?

気温が上昇する夏場の暑いシーズンになったら、ファッションは露出の少ないデザインを選びましょう。
夏場が最も紫外線が強いと思っている女子もいるでしょうが、確かに8月も太陽はギラギラしているものの、実は紫外線が最も強いのは、5?7月です。

 

 

 

ですから、紫外線が強くて暑い季節というのは、真夏だけの話ではなく、春から夏にかけての時期になります。

 

 

 

シミやそばかすを防ぐ!紫外線対策をバッチリしましょう

この時期にサロンに予約を入れるとなったら、素肌をたくさん露出してしまう、オープンは洋服は避けましょう。
サロンへ行くときになったら、なるべくお肌が隠れる洋服にしておくのがベストです。

 

 

 

もしもノースリーブなどを選びたい時だったら、サロンへ行くことを考えて、夏用のサマーカーディガンを羽織ると良いでしょう。
その分だけ、皮膚の露出は少なくて済むからです。
素肌をいかに露出しないで済むか、洋服への工夫はとっても大切です。

 

 

 

上半身もですが、下半身の洋服だって過剰な露出は、サロンへ行くならやめたほうが良いでしょう。

 

 

 

脚を見せたいファッションが好きであっても、施術日だけは、ミニのパンツやスカートはお休みすることです。
スカートを着用するなら、ロングスカートにしておきましょう。
パンツはゆったりしたズボンが適切です。

 

 

 

当日に顔の脱毛も控えているならば、メイクはして言っても平気です。
施術時にはすっぴんにはなりますが、お手入れ前に洗顔をすることができるので、いつもどおりのメイクをして出かけても問題はありません。
帰りの紫外線などを考えると、すっぴんで変えるよりも、UVカットのクリームや、メイクをしたほうが、素肌を守ることになります。

 

参考:ピカリの脱毛予約申し込みはこちら!